*

痛くて続けられるのか

脱毛器を使ったけれど痛くて続けられるのか不安という相談をうけることがあります。あらかじめ保冷材などで肌を冷やしてから施術することで肌の感じる刺激を和らげることができます。肌にあてる光を任意にコントロールできる脱毛器の場合、弱い出力で試してみましょう。もちろん、出力が高いほうが脱毛効果は高いです。しかし、家庭用脱毛器で挫折してしまう原因には「痛み」もありますし、痛いままでは無理はつづかないのではないでしょうか。また、その無理は、本来必要のないことなのかもしれませんよ。一番強い出力で大丈夫な人と、そうでない人がいます。弱い出力でも効果が得られるように設定されていますので、ゆっくり脱毛していきましょう。 http://xn--nckg3oobb2888bo8bx98fre1byf2alhh1zn.xyz


コメントする